猛暑ながらも感じる風のありがたさ

台風通過から数日して梅雨明けしたが、その後は猛暑となり関東では内陸部は40度近い気温や、南部でも35度近い気温となっている。
今年はエルニーニョで冷夏という情報とは裏腹に、いきなりの夏全開といったところだろう。
ここ数日は、室内でもエアコンや扇風機がなければとてやっていられないものだが、子供の頃はこれほど暑かったという記憶は殆ど無い。
居住地が通勤ベッドタウンの郊外で以前は雑木林も多かったことなどもあるのだろうが、夏休みでも31度程、暑いと思っても33度ほどだったような気がする。
また、それにともなって熱帯夜もかつてより多い気がしてならず、夜の暑さで目が覚めることもある。
そして、暑いとなるとエアコンか扇風機といったところだろうが、エアコンは涼しい部屋から外に出ると不快になるので、来客でもなければほとんど扇風機で過ごしている。
三重のブランド品買取り業者

 

しかし、今日はなぜか昨日ほどの暑さを感じない。
これは風が強い事にあるようで、吹き込む風や陰圧などにより家の中を風が通るためだろう。
よく考えれば扇風機は風を送る装置で、それが機械的なものか自然なものかの違いである。
日本の家は夏を旨とすべしといったのは鎌倉時代の吉田兼好だが、夏の快適性とは、陽を遮る工夫と風が通るという事であると感じさせられる。